パーソナルスペースでハグする方法

今回は「ハグ」と「パーソナルスペース」についてです。

最初はパーソナルスペースについての説明をしますので、「パーソナルスペースでハグする方法」を知りたい人は目次の項目を押して進む、またはスクロールして最後の方をチェックしてみてください。

 

パーソナルスペースとは?

人はあまり親しくない人が近くに来ると、自然と避ける傾向があります。

例えば一人でカフェに行き席を選ぶ時、隣に人のいない席を選んだりしませんか?

あとトイレに行った時もそうです。

男性ならわかると思いますが、立って用を足す時、隣に人がいないところを選びませんか?

これは男性なら誰もが感じることだと思います。(ご飯を食べてたらごめんなさい)

人には相手から侵入されたくない距離感が存在します。

それをパーソナルスペースと言います。

心と体の距離、テリトリーのようなものです。

パーソナルスペースで相手の距離を縮めることができる

パーソナルスペースには4つの距離感があるとされています。

数値で表すと以下のように↓

超密接距離(0cm~15cm)…恋人の距離感
密接距離(15cm〜45cm)…友達の距離感
個体距離(45cm~120cm)…仕事の距離感
社会距離(1.2m~3.5m)…初対面の距離感

※ それ以上距離がある場合は、面会や公園、ライブの演奏など、公的な距離感を示しています。

例えば、この距離感を把握しておけば、気になる相手との現在の距離感も判断できるので便利です。

個人差もあるので、一概には言えませんが、おおよその距離感として覚えておくと便利です。

また自分自身で感じる距離感と照らし合わせてみると、その数値の感覚がわかると思います。

 

男女で微妙に違うパーソナルスペースの距離感

個人差がでる理由の一つとして、男女の違いもあります。

パーソナルスペースは男女により範囲が違います。

以下のように

personal-1

基本的に女性の方が男性よりもパーソナルスペースが狭いです。

テリトリーが“狭い“ということは、女性の方がより近いコミュニケーションをできるということ。

距離が男性より近くても、不快には思わないということです。

 

【数値で表すと】

男性は正面が150センチ、左右は10センチ。後ろは80センチ前後。

一方の女性は半径60~70センチと、ほぼ円形に近い形。

対面するとこのようになります。

personal2

男性が女性に比べてパーソナルスペースが前方に伸びているのがわかると思います。

この画像でわかることは、女性が思う距離間以上に、男性は距離を近く感じているためドキドキするということ。

つまり、女性の場合は男性に対して対面に座った方が、男性にドキドキ感を感じさせやすいということになります。

逆に男性の場合は「横」に座った方が女性からのドキドキ感を得やすいです。

画像参照 男心と女心

 

パーソナルスペースでハグする方法

パーソナルスペースを活用してハグするタイミングを作るには、超密接距離(0cm~15cm)の時です。

これぐらい近づけるということは、相手との関係は親友や恋人の距離感。

肩を組めるレベルです。

スキンシップやハグをする時の距離でもあります。

相手と初めてハグする時のタイミングとして、この距離感を意識しておくとチャンスは膨らむと思います。

また相手が男性の場合は、「対面」で見つめてみたり、相手が女性の場合は「横」にいて歩いてる時に、距離を縮めてハグの流れにできるかもしれません。

 

まとめ

パーソナルスペースの数値はあくまで心理学が提唱した数値です。

相手とハグするために、そこまで意識する必要はないかもしれません。

けれども相手が不快に思う心と体の距離が存在すること。

女性の距離が近いと感じるのは勘違いかもしれないということ。

パーソナルスペースはあくまで、相手との距離を分析する一つの心理ということ。

忘れていけないのは、ハグは「心」の愛情表現だということ。

テクニックより大切なのは、やはりハート(心)ですもんね^^

関連記事

ピックアップ記事

腰をつつく男性心理

好きな男性から腰をつつかれた 腰をつつく行為は基本的に脇腹をつつく心理と一緒です。 ・ 女性として興味があるため ・ ちょっかい…

プロフィール



こんにんは!管理人のhiepitaです。

>>プロフィール詳細<<

おすすめ記事

ページ上部へ戻る