別れ際のボディタッチをうまくする方法

自然体が一番!

人との別れ際って、とても印象深いものになりますよね。

恋愛でも、友人関係でも、家族でも、その場面ってとても大切なものだと思います。

例えばハグ。

僕は海外でバックパーカーをしていたことがあるのですが、友人との別れ際、必ずハグをしていました。

それは男女関係なく。

「また会おう!」という意味でのハグや「また遊ぼう!」という意味のハグ。

挨拶のハグですね。

僕は海外にいくまで、ハグなんて彼女とさえ、あまりしたことがありませんでした。

なので、最初は女性からハグされることにとてもびっくりしていたことを覚えています。

でも、諸外国のハグ文化にふれ、そのスキンシップコミュニケーションに慣れていき、自然にハグできるようになりました。

 

無理しなくていい

日本にはハグという文化に馴染みがありません。

ゆえに、別れ際でテクニック的にハグを相手に求めても、受け入れられないのが普通だと思います。

日本でいうハグは、もっと愛情表現が強いものとして認知されています。

ですので、気になる人とのデートでハグするためには色々なことをかんがえなければいけません。

・ シチュエーション
・ お互いの距離感
・ ハグの仕方
・ 度胸

などなど。

無理に考えようとすると、このようなことが頭をよぎり、ぎこちなくなってしまいます。

 

恋愛でのボディタッチ

では他のボディタッチはないか?と考えると、握手だったり、腕タッチだったり、寄り添うシチュエーションを考えたりなどになります。

こうなると、お互いの自然な距離の取り方に、不自然さがでてきたりします。

ハグもそうですが、相手へのスキンシップは相手への愛情表現・好意のレベルを表すものです。

お互いの気持ちが高まって近くに感じているのなら、自然にハグできる状況や、抱きしめるタイミングができるはずです。

自然に身をまかせるのが、一番良かったりします。

 

別れ際にボディタッチする心理

もし、相手がアクションを起こし、何かしらのタッチをしてきたら、それは相手のあなたに対する好意の表れです。

女性だったら、ちょっと裾をつまんできたり。

男性だったら、「また」といって腕をタッチしたり。

相手からの「楽しかったよ、ありがとう」という気持ちと受け取ってみてください。

そう思うと、あなたの彼(彼女)に対する言葉や仕草、態度が変わってくるはずです。

 

まとめ

別れ際のボディタッチをうまくするには自然なままが一番と思うのは、僕のこれまでの経験です。

相手が魅力的なら、好きでもっと一緒にいたいと思う異性なら、自然と触れたり、触れられたりする関係になると思います。

大切な人と、大切な時間を♪

関連記事

ピックアップ記事

映画館でのスキンシップ

映画館デートで自然に触れるには? 映画館デートはスキンシップもしやすい定番のデートスポット。 ただし、相手の関係性を無視してのスキン…

プロフィール



こんにんは!管理人のhiepitaです。

>>プロフィール詳細<<

おすすめ記事

ページ上部へ戻る