自然にハグする方法【挨拶ハグの場合】

自然にハグするには?

恋人でも、家族でも、友人でも、ハグするということは、どんな形であれ愛情表現になります。

自然にハグすることは、自然にその愛情が伝わるということ。

その気持ちをお互い感じ取れるのが最高のハグだと僕は思います。

ハグの長さや力加減なども、相手によって変わってくると思います。

ここでは、自然にハグをするためのコツをまとめてみました。

 

【挨拶ハグの場合】

 

① 意識しすぎない

まずは、あまり意識しすぎないこと。

ハグって日本人にはあまり親しまれていない文化。

いきなりハグすると、ぎこちなかったり、恥ずかしかったりします。

ハグではなくキスの話ですが、僕の海外での体験です。

その時にとても可愛いフランス人女性に挨拶代わりに自然に頬にチークキスしてもらったことがありますが、意識しすぎたからか次の日からチークキスをしてくれませんでした^^;

意識しすぎないことが大切です。

 

②相手を見てハグの長さ・強弱を変える

相手を意識すると、その意識は相手に伝わります。

ハッキリではないにしても、「なにか思ってるな」と、友達の感情を読み取ったことありませんか?

あの感覚です。

女性は男性以上にその感覚が優れています。

おそらくフラン人女性もそれを感じ取り、距離を置いたんだろうなぁとも思います。

異性とハグする時は、同性と同じくらい軽いハグの力加減で十分だと思います。

海外だとだいたい1.5秒ぐらいの長さが平均だそうです。

 

③ 愛情表現はやりすぎない

例えば、相手が友達なのに、ギュッと抱きしめたら相手は勘違いしてしまう可能性もあるし、引いてしまうかもしれません。

相手も受け入れる準備ができていないでしょうし、友達同士のハグなら

ここが難しいところですが、力加減の強弱やハグの長さ、触り方は、相手との関係・状況を踏まえることが大切です。

 

④ オドオド動揺しない

僕の体験まんまですね(笑)

オドオドしていると相手は「この人嫌がってるのかな?」と思うかもしれませんし、変に思われる可能性もあります。

 

まとめ

いかがでしたか?

次は恋人や好きな人へのハグのコツをまとめています。

相手が誰であっても、ハグは心の温まる行為でもあります。

自然に優しくできるハグを身につけておきましょう。

自然にハグする方法【意中ハグの場合】

関連記事

ピックアップ記事

足を絡める男性心理

テーブルの下で。。 友達の飲み会などで、隣の席に座った男友達から足を絡まれたことありますか? 僕自身はその経験はないのですが、男性意…

プロフィール



こんにんは!管理人のhiepitaです。

>>プロフィール詳細<<

おすすめ記事

ページ上部へ戻る