ハグの効果4つで幸せになる方法

ハグの効果は良いことばかり!

相手を抱きしめる行為「ハグ」。

恋人同士の特権のように思えますが、ハグは家族や友達など、あなたが大切に思う人とのコミュニケーションにも絶大な効果を発揮します。

ハグしたり、ハグされたりすると、幸せな気持ちになりませんか?

ハグという愛情表現は、幸せな気持ちにしてくれるだけでなく、他にも様々な嬉しい効果があるんです。

 

① ハグすると健康になる

ハグをし合うと気持ちが安らぎます。

この気持ちが人の身体にも影響していることが、海外の研究でも判明しています。

人の痛みを緩和する働きや、免疫力をアップする効果もあります。

また高血圧や心臓病の予防にもつながり、医療現場でもタッチセラピーやハグヒーリングなどに応用されています。

※タッチセラピーはハグではありませんが、“触れる”という行為で相手に安心感を与え、心身ともに安らげる効果が実証されているからです。

例えば、高血圧気味で、塩分取りすぎだなという人にそっとハグをしてみてください。

「ちょっと塩分とりすぎじゃない?ちょっと来て」といって、そっとハグ。

恋人同士、夫婦同士で、ハグしたいキッカケにいかがでしょうか^^

 

② 不眠にも効く

ハグすることにより、不安感が解消され、よく眠れるようになります。

子供が背中で寝てしまうのも、心地よい安心感からくるもの。

子供だけでなく、パートナーが仕事で不安を抱えている時など、寝る前にそっとハグしてあげるのも、相手にとっては心地良い安心感になるはずです。

 

③ ストレスケアに最適

人は30秒間のハグで、1日の3分の一のストレスを解消すると言われています。

イライラしている時、我を忘れるような忙しさの時。

ほんの5秒でもいいです。

出勤前などにハグする習慣をつけてみるのも、仕事の向上にもつながり良いかもしれません。

それが円満な関係の秘訣にもなるし、生活がすれ違いでも大きな愛情表現として相手に伝わります。

同棲している人はパートナーに1日1回ハグしてみるのもいかがでしょうか^^

 

④ 幸福感を得られる

なぜ抱きしめられると幸せな気持ちになるのか?

それは脳下垂体から分泌される「オキシトシン」というホルモンが関係しています。

このホルモンは幸福感や慈しみの心を生み出し

「(この人と一緒で良かった)」
「ありがとう、頑張るよ(あなたのために)」

という愛情に満たされるからです。

 

まとめ

大切な人とたくさんハグすればするだけ、身も心も健康になります。

それだけではなく、幸せな気持ちにしてくれるハグ。

日本にはあまり馴染みのないハグ文化ですが、できるだけ大切な人を抱きしめてあげてくださいね^^

関連記事

ピックアップ記事

男性が惚れる助手席テクニック4つのコツ

ドライブデートを魅了する「助手席ガール」 助手席はドラーブデートで相手の距離が一気に縮むデート。 それと同時に、運転手側への「気遣い…

プロフィール



こんにんは!管理人のhiepitaです。

>>プロフィール詳細<<

おすすめ記事

ページ上部へ戻る