身体を触らせてくる男性心理

「ちょっと触ってみて」

会話の流れで、自分の身体を触らせてくる男性。

多分に、胸とか、手とか、その話の内容でさまざまなシチュエーションが考えられますが、そこまでの話ができる状態ということは、あなたとの仲が良い関係だと思われます。

では会話の流れで「ちょっと触ってみて」と体を触らせてくる男性心理ですが、以下の心理状態が考えられます。

 

① 恋愛対象として意識させるため

異性から「触ってみて」と言われると、やっぱりドキドキしてしますよね。

特に気になる異性から言われたら、内心かなりドキドキすると思います。

それを知っていて意識的に触らせているのか、無意識的に触らせているのか。

どちらにしても、恋愛対象として仕掛けている可能性はあります。

モテる男性は、そういったスキンシップの仕掛け方をさりげなく自然にしてたりします。

 

② 相手の好意レベルを図るため

恋愛対象だとしても、友達対象だとしても、その人とのどれくらいの距離感が良いのか好意レベル(パーソナルスペース)を図っている場合があります。

男性はボディタッチでのコミュニケーションはあまり得意な傾向ではありません。

なので友達として触れようとしても、意識しすぎてしまう男性もいます。

けど、触らせるのは自分がする側ではなく、受ける側。

気持ち的にやりやすいコミュニケーションでもあります。

ですので、人としての距離感を図っている場合もあります。

 

③ 下心

例えば、飲み会などで筋肉の話になり、エスカレートして、きわどい部分を触らせてくるような状況。

その場のノリとかもありますが、まぁ、、ダメな飲み方ですね^^;

お酒は本性を露わにします。

普段マジメな人ほど、そういう場で奇行に走る場合があります。

一つ言えるのは、ほとんどの男性はスケベです。

大人になり、性を学び、自分を律するようになっていきます。

性に関してウブな人が意外に、その場の雰囲気やお酒の勢いで、相手のことを考えない行動をしてしまったりします。

キャバクラに行くと、そんな男性結構います。

 

体を触らせるのは、好意があるからこそ

体を触らせる話と言えば、例えば筋肉の話であったり、手相の話であったりだと思います。

つまり、その男性のアピールにもなるわけです。

筋肉などルックスだけではなく、触らせたことにより二人の関係性がグッと縮まります。

好意があるからこその、男性にとってやりやすいスキンシップコミュニケーション。

嫌いな女性には、まず触らせません。

なので、気になる男性とそのような会話の流れで触るタイミングがあれば、優しくタッチしてみてください。

実際、触らせる男性側も少なからずドキッとしてると思うので(笑)

 

逆に相手男性に触らせてみる

逆にその流れを利用して、男性に触らせてみるのも、状況によって良いかもです。

デートなら、このような会話ネタもありますよ↓

手の話題ネタ

 

会話の流れのコツとしては

・ スポーツネタ→筋肉
・ 健康ネタ→脈拍早い→胸、手首で計る
・ 生活ネタ→仕事疲れ→ハンドマッサージ
・ 美容ネタ→ネイル→見せる
・ 髪ネタ→髪痛む→見せる→いい匂い(笑)

髪ネタはちょっと難易度高いです^^;

状況としてはデートで個室の時などですかね。

ただ女性の“いい匂い”はすごい相乗効果があると思います。

「距離が近い+いい匂い」に男性は弱いです。

間違いないです。

いい匂いを纏って、彼をノックアウトさせちゃってください^^

例えばこの香水などもおすすめですよ↓



ベッド専用香水「リビドーロゼ」

イランイランなども含まれているので、デートにも最適だと思います。

フローラル石鹸の香りです。

僕はやられました(笑)

 

最後に

僕は学生のころ、ある女性に恋しました。

その子を好きになったキッカケが「手の話題」でした。

「指ケガしちゃって」と言ってグイッと近づいてきたのにヤラレました〜。

まっ!結果フラれたんですけどね^^;

もうちょっと男女の違いをわかっていれば、焦らずに関係を保てたんだろうにな

ぁ〜と時折後悔していたりします(笑)

男女のスキンシップの違い

学生のころに比べれば、大人になったとは思いたいのですが(笑)、多分根本的なところは変わってないので、やっぱり今でもドキッとするだろうなぁ〜と思います。

男って本質的なとこは小学生の頃から変わってなかったりします。

こんな(管理人のような)男もいるので、触れ合える関係があれば、試してみるのもアリだと思いますよ^^

関連記事

ピックアップ記事

男性にアプローチする8つのステップ

好きな彼へのアプローチ 好きな男性ができたらまずアプローチしたいですよね^^ かといって、相手との関係性を無視して会話中に「さりげな…

プロフィール



こんにんは!管理人のhiepitaです。

>>プロフィール詳細<<

おすすめ記事

ページ上部へ戻る