彼氏や旦那と仲直りするには「ケンカ上手」になること

上手な喧嘩で早く仲直りしちゃおう

付き合いが長くなれば喧嘩も起きます。

価値観、考え方、感じ方の違いから、些細なことでも衝突。

まず「ケンカ上手」になるには衝突は当たり前ということを踏まえておきましょう。

価値観の違いは重要ではありません。

問題はその衝突を埋める手段・方法です。

 

どうケンカすればいいの?

本当に良い人間関係とは、相手の気持ちを汲めて、自分の主張を言えて、我慢することなく敬いながら、折れなだら、お互いが育んでいける。

そんな関係だと僕は思います。

ではそのような関係になるにはどうすれば良いのか?

その方法の一つが「ケンカ上手」になることだと思います。

ここではその方法についてまとめてみました。

 

① 感情をコントロールしよう

喧嘩をしている時はお互い感情が高まっています。

まずはお互いにクールダウンすることが必要です。

一旦距離を置いたりするのも良いでしょう。

心の作法としては、まずそのけんかを受け入れましょう。

そして約60秒ほど深呼吸してみてください。

すごい落ち着きます。

腰をかけて自分の胸に手を置き、落ち着いてきた自分を確認してみてください。

次に、その怒りの源を探ってみましょう。

なぜ怒るのか?

自己分析してみましょう。

 

② 優しくアプローチしよう

気持ちが落ち着いたら、次は会話です。

話し合いができなければ解決にはなりません。

ここで注意点は、相手の気持ちを汲むこと。

自分が話せる状態でも相手がそうでなければ、会話になりません。

もし話せる状況なら、相手の出方を伺ってください。

相手が何か言おうとする時は、相手の話をまずは聞きましょう。

そして話せそうなら優しく話すことを心がけてください。

落ち着いたトーンで話すのが問題解決の近道です。

 

③ 伝えたいことは明確にしよう

落ち着いた状態のあなたなら、自分の主張を明確に相手に伝えられすはずです。

話すときのポイントは、相手を敬う気持ちを忘れないこと。

その気持ちが言葉に表れます。

 

④ 妥協する気持ちも大事

伝えることができたら、次はお互いの共感できることを探しましょう。

共感できる点をさがすことが、問題をうめる大事なスタートになります。

敬う気持ちがあれば、改善点や提案も思いつきやすいと思います。

そして譲渡することも大切です。

妥協できるところは妥協しましょう。

その妥協が五分五分である必要はないです。

僕はいつも、8対2ぐらいでも妥協することを考えています(笑)

 

⑤ スキンシップは最高の処方箋

仲直りしたらスキンシップを試みてください。

最高の仲直り気付け薬になると思いますよ^^

肌と肌が触れ合うと、人はとてもリラックスします。

ハグの効果で幸せになる方法

 

最後に

喧嘩上手とは、お互いに本音の「ごめんなさい」「ありがとう」が言える喧嘩です。

否定せず、まずは受け入れること。

感情が高まった自分を客観視して、相手を敬う気持ちで接してみてください。

「怒り→憎しみ→嫌い(拒絶)→怒りがない(無関心)」

どの部分にいるか冷静に自分を見てみると、冷静になります。

関連記事

ピックアップ記事

背中を触る男性心理

背中タッチは脈ありの可能性もある 男性の背中を触るボディタッチは恋愛感情を抱いてる可能性があります。 男性のボディタッチは、基本的に…

プロフィール



こんにんは!管理人のhiepitaです。

>>プロフィール詳細<<

おすすめ記事

ページ上部へ戻る