ハグする長さ〜恋人と友達の違い【カップルの場合】

カップルと友達で違うハグの長さ

一言にハグと言っても友達にする場合と恋人や好きな人にする場合は違いますよね。

まず言えるのが、ハグの長さ。

でも具体的にどんな違いがあるのか。

異性の友達に恋人のような長いハグをしたら、ぎこちない関係になりますし、人間関係自体に亀裂ができるかもしれません。

ちょっとオーバーかもしれませんが、ハグは一つの愛情表現。

相手が異性だからといって、過剰の愛情表現は相手に受け入れられず、拒まれる可能性だってあります。

面白いデータがあるのですが、日本に住む外国人が母国に帰った時に戸惑う習慣の一つが「ハグ」なのだそうです。

それほど、日本はハグする習慣がありません。

逆に言えば、恋人と友達のハグの違いを知っておくと、より良い人間関係になるかもしれませんよ^^

今回は恋人の場合のハグについてです。

次回は友達の場合のハグについてまとめます。

 

【恋人・意中の相手の場合】

 

①雰囲気作りの意味

まず腕を通す前に、お互いがハグすることを心で通わせること。

心を通わせるには相手とのアイコンタクトが大事です。

相手を見つめることはお互いの意思疎通でとても大切なもの。

言葉で「ハグしよう」と言うよりも、より自然にハグする流れになるので不思議です。

 

②時間のタイミング

友達と恋人の違いで重要なのは時間感覚=ハグの長さです。

恋人とハグする場合は相手への愛情を示すこと。

つまり体を離すタイミングもカップルによって長さも変わるでしょう。

最初は相手に合わせるのが無難かもしれません。

相手のハグが長いな。。と思っても、「長さ=彼(彼女)からの愛」と受け取りましょう。

相手がハグし続けるのは彼(彼女)の愛があなたよりも大きいということ。

とても嬉しいことですよ^^

 

③愛を込める

心のこもったハグは相手に伝わるもの。

1日に何度しても気分の良いものです。

また相手へのハグが慣れてくれば、ハグする時の相手への力の込め方やボディの密着度、フィット感の良い抱きしめ方がわかり、より気持ち良いハグができます。

 

まとめ

恋人とのハグは、すればするほど幸せになります。

それはお互いの愛情の確認でもあり、心の安定感や相手への信頼感も育まれていくからです。

次回は友達の場合のハグの仕方についてです。

大切な人と心地よいハグを♪

ハグする長さ〜友達の場合

関連記事

ピックアップ記事

ボディタッチのリスク回避!自然に異性に触れるには?

軽いボディタッチのつもりが… 「ボディタッチは恋愛に効果的!」 たしかにそれは間違いではないのですが、多用すると「慣れてるな」と思わ…

プロフィール



こんにんは!管理人のhiepitaです。

>>プロフィール詳細<<

おすすめ記事

ページ上部へ戻る