ボディタッチの下心と好意の見分け方

下心と好意のボディタッチを見分けるには?

好きな異性に触れたい…

それは普通の気持ちです。

下心のあるボディタッチとは、性欲の強いボディタッチ。

簡単に言えばやりたい一心で行う行動です。

ただ、触ったからといって、それが下心があるとは限りません。

男女のスキンシップの違いからも、触れただけで判断はしずらいものです。

では下心と好意をどう見分けるかですが、以下のポイントを判断材料にしてみると良いと思います。

 

①二人の関係性

まず、出会ってどれぐらいの付き合いなのかです。

友人として長い付き合いをしているか、出会って間もないのか。

ボディタッチしてくるまでの時間です。

ボディタッチには大きく分けて3つの種類があります。

・ 好意のボディタッチ(仲良くなりたい無意識的なもの)
・ 信頼からくるボディタッチ
・ 下心のボディタッチ

付き合いが長ければ、好意や信頼のボディタッチの場合がありますし、付き合いが浅ければ下心の可能性もでてきます。

下心のあるボディタッチには「見え見え」な態度が多いです。

会ったばかりなのにベタベタ触ってきたり、変に躊躇するようなボディタッチは、本心を隠してるような触り方をします。

友人へのボディタッチには自然に接しますよね。

男女とか関係なく、触ろうという思いがなくても、ボディタッチしているものです。

見分けるポイントとしてはまず、ここです。

 

②ボディタッチの場所で見分ける

ボディタッチする場所により、その人の心理状況を判断しやすいです。

手…一緒にいたい、近づきやすい

腕…相手がそばいると感じたい

肩…自分をアピールしたい、守ってあげたい

背中…自分をアピールしたい、守ってあげたい

下半身…下心丸出し

指…触れていたい

例えば、「頑張ってね」と肩や背中をポンとタッチする心理は、好意の表れでもあります。

 

③他の人に対するボディタッチの頻度

ボディタッチは意識的にも無意識的にも、人を選んでするものです。
明らかに他の異性に対してボディタッチが多い人は、下心をもっている可能性が高いです。

好意があれば、相手が嫌がるようなことは避けようとするのが普通です。
下心で触るのは、自己中心的な欲求です。

ピックアップ記事

内緒話で好きな人の距離をグッと縮める方法

2人だけの内緒話はお互いドキッとする さりげなく耳打ちされたり、気になる人からヒソヒソ話をされるとドキドキしまうしょね^^ 2人だけ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る