スキンシップが気持ち悪い相手への対応

スキンシップが気持ち悪い人の特徴

ボディタッチを気持ち悪いと感じるのは、相手の雑な距離の取り方による不快な気持ち、下心が見えることなどがあります。

人にはパーソナルスペースが存在すると言われています。

家族との距離。
友達との距離。
恋人との距離。
職場での距離。

生きていくにつれ、その距離感を人を取ろうとします。

嫌なボディタッチをする人に多いのは、この距離を無視して、自分の欲求を満たそうとする人。

そんな人は嫌われやすいタイプかもしれません。

 

ボディタッチが下手な人への対応

けど、断るといっても、相手が上司や取引先の異性であれば気を使ってしまうこともあるかもしれません。
断りづらい相手にはこのような方法はいかがでしょうか?

 

①「すみません、触られるの苦手なんです」

「そもそも人から触られるのが生理的に苦手」という一般論で困る様子を見せる方法。

状況や相手次第では、回避できない場合もありますので、現状を見極めることが必要です。(飲み会などでは悪ノリして触ってくる輩もいます。お気をつけて)

 

②強気に断る「彼氏いるからさ、やめてね」

毅然とした態度でさっぱり断るのが一番効くのですが、相手に嫌な想いをさせない工夫が必要です。

きっぱり言って、相手がやめたら笑顔で会話を続けること。

触られるのは嫌だけど、キライなわけじゃないことを相手に伝えること。

そうすると、悪い雰囲気も防ぎます。

 

③「誰にでも触ってるでしょ〜?」

女性らしさを残し、可愛く場を和ませつつも、やんわりとお断りをする方法。

「きつい女性」という印象も与えずいい方法ですが、つけあがる男子もいるので、そんな男子には②のように強気で断ることも必要な場合があります。

 

④状況解説してみる

ベタベタ触る人には、意外に無意識にしている人もいます。

なので気付かせるという意味も含めて「ベタベタ触りすぎー!」「近すぎるけど大丈夫?」など言ってあげると、止まる人もいます。

 

⑤無反応・その場を離れる

無反応というのが一番相手にとって辛いこともあります。

相手が勘違いしないように少し冷めた表情で相手を見てみましょう。

それでも何かしてくる人には、一旦その場を離れたり、同性の友達にさりげなく助けを求めてみてください。

 

⑥手を握り返す

ホステスやキャバ嬢がよく使うテクニックです。

上司や接待相手だった場合の方法ですね。

断りにくい相手で状況も状況の時。

握り返すことによって、「女性に手を握られた」という嬉しさもあって、拒否されたと思いにくいからです。

その後、その場を離れる事ができれば、相手を不快にせずにスマートにやりすごすことができます。

ピックアップ記事

男性に告白させる5つの誘い方

なかなか告白してこない彼 肉食女子が増えてきた時代とは言われても、やはり女性は男性に告白されたいものです。 告白してこないのは、男性…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る