人前でのスキンシップを断る方法

人前でのスキンシップを止めてほしい…

たとえ恋人通しでも、人前でのスキンシップは恥ずかしいですし、知り合いに見られていないかソワソワしますよね^^;

また手をつなぐこと自体も恥ずかしいと思う人もいます。

でも好きだからこそ触れたい。

付き合っているからこそ、つながっていたい相手の気持ちもわかります。

なので、『拒絶された!』と落ち込まれたり、相手に嫌な思いをさせないように断ることが大切です。

 

人前でのスキンシップが嫌なことを伝える方法

ここでは、相手のスキンシップがエスカレートしないように、人前でのスキンシップが嫌なことを相手に伝えるためのうまい方法を書いてみました。

 

① 冗談ぽく拒否する

「ダメっ!人前でしょ!」「なにもう〜(笑)」と冗談っぽくサラリと逃げる方法です。

ポイントは笑顔の中に真剣な顔を織り交ぜること。

目で「ダメ」と相手に伝わるようにすること。

そして2人きりになったら「さっきはごめんね!人前はダメなんだ~」と優しく伝えてあげると、相手もわかってくれると思います。

 

② 事前に伝える

上記とは逆の方法で事前に人前ではダメなことを素直につたえてしまうのも良いと思います。

「人前では手を繋ぐだけにしてほしい」と伝えておけば、あなたの気持ちが伝わると思います。

「2人きりなら 全然大丈夫」と言葉を付け加えておきましょう。

 

人前でスキンシップを嫌がる態度を見分けるには?

相手の嫌がる態度を見分けるには、体の引き具合などから判断してみましょう。

また、本気で大切に思っているからこそ、目の前で他人からいろいろ言われたくない、という気持ちも汲み取ってあげましょう。

気になるのなら、「手繋ぐのとかイヤなタイプ?」と相手の恋愛観を聞くのも大事だと思います。

僕も聞かれたことがあります。

僕は「人前では苦手だ」と伝えました。

そしたら彼女は「避けられてるのかと思った^^;」と答えました。

特に女性は不安を抱きやすい性質があります。

このスキンシップの価値観の違いは、早めに気づいた方が良さそうです。

男女のスキンシップの違い

 

最後に

人前でのスキンシップは、人それぞれ。

気にしない人もいれば、気にする人もいます。

お互いの気持ちを理解しておかないと片方は「恥ずかしい」と思い、もう片方は「愛されてない」と勘違いしてしまう状況にもなるかもしれません。

恋愛の最初の段階で「人前でのスキンシップ」について、お互いを理解しておいたほうが良いかもしれません。

ピックアップ記事

じゃれあうボディタッチをするキッカケ5つ

イチャイチャするキッカケ 大好きな人とはイチャイチャしたいものです。 けど、そのじゃれあうキッカケがなかなか掴めたなくて苦手としてる…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る